まち情報

本庄市が飲食店を応援するプロジェクト『みらい飯』を発足。

本庄商工会議所と児玉商工会が、本庄の飲食店を応援する『みらい飯』プロジェクトを発足させた。

『みらい飯』は、各地の商工会議所がクラウドファンディング実行者となり、ページを作成し支援を呼び掛け、集まった支援金を参加飲食店に配分するシステム。日本商工会議所がクラウドファンディングサービスを運営するREADYFORと連携し創設した。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で厳しい経営を余儀なくされている地元の飲食店を応援するため、本庄商工会議所と児玉商工会は連携して実行委員会を立ち上げ、同システムを活用することに決めたそうです。

大まかなコースは2つあり、
1つは、「店舗指定コース」は、プロジェクト参加店の中から特定の店を指定して応援するスタイル。
3,000円の支援をすることで、新型コロナウイルス収束後にその店で利用できる3,300円分の食事カードを受け取れる。
(そのほかにも5,000円のコースと1万円のコースがある)

2つ目は、 「地域応援コース」というのもので、店を指定せずプロジェクトに参加している全ての店を応援するスタイルで、支援金は参加店で均等配分する。

参加店の募集受け付け1次締め切りは既に終わっており、2次締め切りは7月8日となっています。
本庄商工会議所と児玉商工会の会員企業が参加できる。会員登録と同時にプロジェクト参加も可。

詳しくは下記をご覧下さい。

みらい飯について

全体的な構造は、先日紹介した『高崎飲食店応援チケット』に似ていますね。取り組みとしてはもっと早く行ってもよかったのではないかと思います。

高崎市内の飲食店で『高崎飲食店応援チケット』の運用を開始新型コロナウイルスの拡大で、市内の飲食店を救うため5月8日より『高崎飲食店応援チケット』の運用が始まりました。 『高崎飲食店応援チケッ...

それよりも、「本庄商工会議所と児玉商工会の会員企業のみが参加できる」というのが少し引っかかりますが、各飲食店を助ける取り組みとしては、とてもいいのではないかと思います!